antivirustechnician.com

待ち合わせに時間通りに来させる生活のテクニック

傘の防水機能を復活させられる生活の技 日本人は時間にしっかりしている人種といえるかもしれません。鉄道のダイヤなどはほとんど乱れません。数分遅れただけでもその連絡をしてくれます。会社などでは遅刻をすれば給料が減らされることもあります。取引先とのアポイントメントで遅刻をすればそれだけで商談がなくなってしまうことがあります。時間の大切さを知っている人が多いといえます。

ビジネスでは時間にきちんとしている人でもプライベートとなると全く別になる人もいます。12時に待ち合わせをしても必ず5分、10分遅刻する人がいます。きちんとした性格の人は決めた時間の5分前などに着く様に逆算をしていきます。よほどのことがない限り遅刻はしません。遅刻をよくする人は決めた時間に合わせます。何かが狂えば必ず遅刻します。それを本人は悪いと考えていません。

待つ側としてはあまり気分がよくありません。生活上のテクニックを使うことで時間通りに来させる方法があります。まずは少し早めの時間を指定することがあります。12時なら11時30分などです。30分遅れても遅刻になりません。そのほか中途半端な時間を指定する方法があります。11時50分などです。12時だと12時ぐらいとあいまいになりますが細かく指定するとその時間に行かないといけないと考えてくれます。

Copyright (C)2019傘の防水機能を復活させられる生活の技.All rights reserved.