antivirustechnician.com

巻いたバスタオルが落ちにくくなる生活の方法

傘の防水機能を復活させられる生活の技 冬場であればお風呂上りにはすぐにパジャマを着たり服を着ます。裸のままでいるとせっかく温まった体が冷えてしまいます。逆に暑くなってくるとお風呂から上がりたてのときはとても服など着れる状態ではありません。肌についたお湯を拭いてもどんどん汗が流れてきます。しばらくはバスタオルを巻いたままうろうろしたいでしょう。扇風機やクーラーで涼みたいと考えます。

自宅にいるときは一人や家族です。ですから仮にバスタオルがはらりと落ちても何も言われません。さっともとに戻せば済みます。でも旅行などに行った時には少し困ることがあります。自分自身は見られてもよいとしても周りからすると見たくないものを見せられたと感じられることもあります。マナーとしてきちんとホールドさせてバスタオルを巻いたほうがいいでしょう。

生活の中では一般的には前のあたりで重ねてそれを内側にねじりこみます。すると皮膚とねじりこんだところが擦れます。この擦れが何度も続くと外れやすくなりはらりと落ちてしまいます。それとは逆に外側に巻き込むようにします。バスタオルの繊維同士が絡み合って巻き込まれるので動いても落ちることはありません。今までしていることと逆にするだけの簡単な方法なので誰でもできそうです。

Copyright (C)2019傘の防水機能を復活させられる生活の技.All rights reserved.