antivirustechnician.com

雨の日に靴が滑りやすい時に生活の知恵が役立つ

傘の防水機能を復活させられる生活の技 靴を履いていると少しずつそこが減ってきます。歩き方によって前の方、後ろの方、右側、左側が減ることもあります。正しい歩き方をしているとかかとの部分がまっすぐ削れ、前の方、後ろの方も均等に削れます。うまく履いているとホールドする部分も適度にあるので雨の日で滑りやすくなることはありません。もちろん長く吐いていると全体が削れるのでホールド部分もなくなり滑りやすくなります。

靴を履いて滑りやすい時として床の状態があります。すべすべの石の素材、コンクリートなどだと滑りやすいです。そして雨の日には寄り滑りやすくなります。マンホールなどの鉄製の部分はより滑りやすくなります。晴れの日は何とかしのぐことができるとしても雨の日はしょっちゅう滑ることがあるので簡単に対応できる方法があると助かるでしょう。

一応滑りを減らすためのグッズがあります。それを靴の底の部分に取り付けると滑らなくなります。でもお金がかかりますし取り付けていたものがいつの間にか外れていることがあります。もっと簡単なものとして普段の生活で持ち歩いている絆創膏を使います。これを前の部分後ろの部分に貼っておきます。すると滑りにくくなります。1日くらいなら十分使うことができます。

Copyright (C)2019傘の防水機能を復活させられる生活の技.All rights reserved.