antivirustechnician.com

レンジで料理を温めるときに知っておくと便利な生活の技

傘の防水機能を復活させられる生活の技 料理をしない学生の部屋にも電子レンジはあるといわれています。コンビニの弁当を買ってきて温めることにも使えます。パックのごはん、レトルト食品もレンジを使えます。ですからガスレンジなどは必要ありません。以前は電子レンジにはオーブン機能が付くことが多かったですが最近は電子レンジ機能のみの安価なタイプが多くなっています。料理を温めるだけでなく下ごしらえなどにも使えます。

便利な電子レンジですが生活の中でトラブルになることもあります。よくあるのは温めた後の食器を持とうとして熱くて持てないときです。あまりに熱いために落としてせっかくの料理を台無しにすることもあるかもしれません。一度この失敗をした人は必ず鍋つかみなどを使って対処するでしょう。でも鍋つかみを使わなくても素手で持てる方法があります。

電子レンジは水分のあるものに対して分子を振動させて加熱をします。料理などは温められますが陶器などは温まりません。なぜ熱くなるかですがそれは料理の熱、蒸気が伝わるためです。ラップをして温めるとラップをしている部分が熱くなります。そこでラップをするときに持つところだけラップをかけないようにします。ラップをしていないところは料理や蒸気の熱が当たらないので熱くありません。

Copyright (C)2019傘の防水機能を復活させられる生活の技.All rights reserved.